UNISTRASI - Università per Stranieri di Siena - Ateneo Internazionale
外国語としてのイタリア語教育

 /    

DITALS センターは2008年から国際協会EAQUALS (Evaluation and Accreditation of Quality in Language Service欧州高品質語学関連サービス協会) のプロジェクトパートナーであり、DITALSイタリア語教育能力検定試験の企画、運営を実施しています。

DITALSイタリア語教育能力検定試験はイタリア語を外国人に教えるために教師に必要とされる理論及び実践能力を検定し、その能力取得証明書を発行します。DITALSイタリア語教育能力検定試験には3つのレベルがあります。

  • DITALSイタリア語教育能力 基本: イタリア国外でイタリア語を教えるイタリア語を母国語としない教師、及びイタリア語教師としての学習を始めようとしているイタリア人が対象。
  • DITALSイタリア語教育能力 レベル1: 特定の教育対象者 (児童、青少年、成人及び高齢者、移民、大学生、イタリア系学習者、特定の母国語話者、ホテル及び観光業に従事する学習者、カトリック教関係者、USA - University Study Abroad の学生など) にイタリア語を教えるために必要な基本的能力を検定。
  • DITALSイタリア語教育能力 レベル2: 学習者の特徴やニーズなど、すべての状況に応じて外国語としてのイタリア語を教えるために必要な高度の能力を検定。

 


DITALS センターはその他以下のコースを開講:

  • DITALSイタリア語教育能力検定試験を受験するためのオリエンテーションコース。出席義務レッスンとオンラインレッスンで構成。
  • DITALSマスターコース レベル1 (60単位): 大学卒業者を対象に、出席義務レッスンとオンラインレッスンで構成された1年コース。
  • DITALS上級コース (20単位): 出席義務レッスンとオンラインレッスンで構成された1年コース。
  • CLIL (Content and Language Integrated Learning) 上級コース (20単位): イタリア中高等教育における、語学教師以外の教師のためのコース。
  • イタリア語及びイタリア文学教育マスターコース レベル1 (60単位): イタリア国外在住の大学卒業者を対象に、出席義務レッスンとオンラインレッスンで構成。
  • DITALSイタリア語教育能力検定試験のための専門教師と試験官養成コース: 出席義務ユニット1つとオンラインユニット2つで構成。

 

DITALS センターのプロジェクトと研究:

  • L-Pack 2 (Citizenship Language Pack for Migrants in Europe): 移民のための教材作成を目的とした欧州連合のプロジェクト。www.l-pack.eu 
  • EPG (European Profiling Grid): ヨーロッパにおける語学教育能力検定の基準作成を目的とした欧州連合のプロジェクト。www.epg-project.eu
  • CLODIS: 外国語としてのイタリア語を教える教師の話し言葉の語彙分析と集成。

 


DITALSイタリア語教育能力検定試験を選ぶ理由は?
理由は…

  • 外国語としてのイタリア語教育能力が、EPGによって設定された規準に則り、正当かつ信頼性のある基準に従って検定される保証があるから。
  • 毎年2000人以上のイタリア人及び外国人がこの試験を選んでいるから。
  • 就労資格としての価値がますます上昇し、イタリア国内外での様々な教育現場で役立つから。


DITALS センターについての詳しい情報、試験及びコースの日程、申込みについて: http://ditals.unistrasi.it 

お問い合わせ: ditals@unistrasi.it